WORKERS初のL-2 B

秋、冬、春と活躍すること間違いなし。

WORKERS L-2 B Mod, 66 NYLON TWILL 49500円(税込)入荷しました。

気負わず、気兼ねなく、日々羽織るジャケットとして、重宝するフライトジャケットですが、ウールの入った部品がチクチクしたり、漏れなく虫に食われたりするのが悩みのタネではないでしょうか?

ここをサクッと解消したのが、WORKERS L-2 B Mod です。

リブは、コットン糸で編んだもの。舘野氏自身が糸色を選び、試し編みをして仕上がった、しゃっきりして伸びても戻る、毛玉が出来づらい、輪編みのリブ。。。

目指すところが決まって製作していますから、高級な糸を使い、専用機でないと編むことのできない、縦に継ぎ接ぎのない”輪編み”を採用。結果、非常に高価な部品となっているそうです。

当然、袖リブを作るとなると、襟のリブも作らなきゃ色が合いません。襟のリブは輪編みでなくて平らな横編みでまた製作。

ああ、考えただけでも大変だ~。

でも、こういうところがWORKERSの良いところ。なんですよね。

全体的にL-2 Bらしさはしっかり残して、ちょっとなってところは改善してある感じ。この加減を間違っちゃうと、たちまちただのナイロンおっさんジャンパーになっちゃいますからね。

スタッフギャロ 168センチ 65キロ サイズM着用

ギャロは腕が短いほうなので、リブが隠れ気味ですが、今回はリブが見えるように、袖を長くしていないそうです。

緑って、ほんと撮るの難しい(・_・;)実物の色はオンラインショップに掲載した画像の色に近いかな。なんかこれはグレー寄り。両方の中間くらいかな。。。実物はみなさんよくご存知かと思いますが、あの微妙なグリーンです。

裏地、オリジナルはウールレーヨンのところをコットンレーヨンに変更してあります。滑りがよく、当然チクッとしない。Tシャツの上にも羽織れます。

後ろ姿の見どころは肩甲骨周りの丸みを出し人間の体の自然な丸みにフィットさせるための肩ダーツと、らしさの代表エポレット。
この肩ダーツのおかげで独特の丸みがあるのがいわゆる「フライトジャケット」と称されるL-2BやMA-1のポイント。

ペタッとしてるとそれだけでらしさが損なわれそうですね。確かに。

そしてここ。超見せ場!だそうです。

とっても独特な作りなんだそうで、いわゆる現代式の、玉縁ミシンを使って縫うのとは違う、俗に「手玉」とも我々が呼ぶ手間がかかる方法。なんだそうですよ。
ここもまた、高くなってもこだわって再現した「手玉」特に機械玉縁と変わりないそうで(笑)

でもね、フラップに合わせてきれいに口が開くのはこの手法で縫ったからなんだそうです。是非店頭で、お手元で、じっくりご覧いただければと思います。

そんなこんな、生地、部品、細部のあれこれが相まって、なんか解んないけどかっこよ。と、思うわけですね。

メーカー在庫はありません。少量入荷となっておりますのでお早めに。

Workers L-2 B Mod, 66 NYLON TWILL - ジーンズショップスパイラル
Workers L-2 B Mod, 66 NYLON TWILL

コメント

タイトルとURLをコピーしました