TCB Pre-shrunk jeans (type 505)

ジーパンをお探しにご来店いただきますお客様の中で、

”ジッパーじゃないとだめなんだよねぇ”とおっしゃるお客様も少なくありません。

でも洗えば縮んじゃうキバタのデニムばかりを扱うSpiralにはジッパーモデルはほぼ無いに等しいのです。

んが。

最近お取り扱いを始めさせて頂いたTCBならジッパーモデルがあるぞ!ってことで、数本ご用意させて頂きました。

TCB Pre-shrunk jeans (type 505) ¥17,280 8%税込

ちょっと画像ボケててすみません(;・∀・)横着してマクロレンズで撮るからこういう事になるんですよね。。。

60年代後半、物流網が整備され始めたアメリカで 新たなターゲットとしてニューヨークを中心とした東海岸で爆発的に 広まったジーンズ505ベースのセルビッジ仕様。

シルエットはやや細めで、裾にかけてテーパードしていく テーパードストレート。

 

タテ糸ヨコ糸から別注したTCBオリジナルの生地です。

 

元となった60~70年代のPre-shurunk jeansに使用している生地は、純粋なブルーの色目とムラ感、そして毛羽立ちが特徴で、50年代までのXX生地と違い、染めも浅くなり、ジーンズが作業着からファッションとして変化していく背景が生地をみるだけでも感じることができます。

これをオリジナル生地で再現したと言うわけですね。

 

また、生地の毛羽は織り方で調整できる訳でもなく、綿そのもののポテンシャルで決定付けされるとのことで、天然でふわっと膨らんでいて、撚りを入れたときに良い毛羽がでるサンフォーキンコットンを採用。
この毛羽がTCBのイメージする、60~70’sなジーンズにピッタリだったのだそうです。

サンフォーキンコットンは、カリフォルニアのど真ん中に広がる広大な農地、セントラルバレーの南の方で作られており、この農地は、周囲を囲む山脈の雪解け水を利用してできたもので、綿はこの雪解け水を源とした地下水を使って育てられています。

一口に綿と言っても世界中にありとあらゆる品質の綿がありますから面白いですね。その土地の環境がまんま反映されるコットン。奥深い世界です。

 

一応、たてよこ7×7の13ozクラスとのこと。

一応とかクラスという言い回しにするのは、ムラ糸なのだから糸の太さも生地の重さも一定でないだろうというのがTCB井上社長の持論なのだそうです。

同じように織ってもロットによって大きな違いがでたりするキバタデニムの世界。
ここもまた、面白いところです。

 

ギャロ168センチ、65キロが32インチを穿いてちょうど良いくらい。
それほど細いシルエットではありませんが、スッキリと脚長効果があるように思います。

中庸でどんなスタイルにも似合います。

ボタンフライが苦手な方も諦めること無く是非ご来店いただければと思います♪

コメントを残す